G-XJ4CW6TF7R

ICT活用

HOME | i-Construction
最先端技術によるICT施工

ICT(Information and Communication Technology)

建設ICTとは、調査・設計・施工・維持管理・修繕の一連の建設生産システムにおいて、効率化・高度化による生産性向上に寄与する
情報通信技術のことです。
 
最先端技術によるICT施工

ICT(Information and Communication Technology)

建設ICTとは…
調査・設計・施工・維持管理・修繕の一連の建設生産システムにおいて、効率化・高度化による生産性向上に寄与する情報通信技術のことです。
 
i-Construstion

i-Construstion(アイ・コンストラクション)とは、国交省が掲げる生産性革命プロジェクトのうちの一つで、測量から設計・施工・検査・維持管理に至る全ての事業プロセスでICTを導入することにより 建設生産システム全体の生産性向上を目指す取り組みです。
i-Construstion

i-Construstion(アイ・コンストラクション)とは…
国交省が掲げる生産性革命プロジェクトのうちの一つで、測量から設計・施工・検査・維持管理に至る全ての事業プロセスでICTを導入することにより 建設生産システム全体の生産性向上を目指す取り組みのことです。

施工内容


 

①ドローンを使用した3次元測量

ドローンを使用した起工測量により
短時間で高密度な3次元測量を実地
 

②3次元測量データによる
設計・施工計画

施工量(切り土・盛り土)を自動算出
 

③ICT建設機械による施工

ICT建設機械を自動制御し、
建設現場のIOTを実地
- ICT施工のメリット -

1.施工効率の向上

作業の効率化

 ・3次元設計データをもとに切土・盛土の確認が可能になり、丁張り、敷き均し回数、検測回数が減ることにより、作業効率が向上する。
・オペレーターの熟練度に大きく依存しないため、施工ミスが低減する。
 

2.安全性の向上

 安全性の向上

・検測の省力化が可能になるため、施工機械との接触事故を極力少なくすることができ、安全性が向上する。
 

3.施工精度の向上

 監督・検査の効率化

・施工データを連続的に把握することにより、工事発注者の監督・検査等の作業を効率化でき、施工管理の実地を確実に確認できる。

施工精度の向上

・3次元設計データをもとに作業機械を制御しているため、仕上げ面精度が向上する。 
 

4.環境負荷の低減

生活環境の向上

・作業効率の向上により、工事期間が短縮され社会損失(騒音・振動等)の低減が期待できる。

環境問題への期待

・作業効率が向上することで、建設機械の稼働時間が短縮され、燃料消費量(CO2)が低減できる。
 

5.技術評価値の向上

技術競争力の強化

・情報化施工を取り入れた工事については、工事成績において評価される。

イメージアップ

・工事現場の作業環境が改善され、魅力ある産業へイメージアップにつながる。

-ICT施工のメリット-

1.施工効率の向上

作業の効率化

 ・3次元設計データをもとに切土・盛土の確認が可能になり、丁張り、敷き均し回数、検測回数が減ることにより、作業効率が向上する。
・オペレーターの熟練度に大きく依存しないため、施工ミスが低減する。
 

2.安全性の向上

 安全性の向上

・検測の省力化が可能になるため、施工機械との接触事故を極力少なくすることができ、安全性が向上する。
 

3.施工精度の向上

 監督・検査の効率化

・施工データを連続的に把握することにより、工事発注者の監督・検査等の作業を効率化でき、施工管理の実地を確実に確認できる。

施工精度の向上

・3次元設計データをもとに作業機械を制御しているため、仕上げ面精度が向上する。 
 

4.環境負荷の低減

生活環境の向上

・作業効率の向上により、工事期間が短縮され社会損失(騒音・振動等)の低減が期待できる。

環境問題への期待

・作業効率が向上することで、建設機械の稼働時間が短縮され、燃料消費量(CO2)が低減できる。
 

5.技術評価値の向上

技術競争力の強化

・情報化施工を取り入れた工事については、工事成績において評価される。

イメージアップ

・工事現場の作業環境が改善され、魅力ある産業へイメージアップにつながる。